« ついつい忘れてしまっているポイントサイト | トップページ | タクシー転職と入社後のチェックやサポート »

2019年8月23日 (金)

ニキビはまず風通しを良くすること

わたしは現在26歳です。今となってはニキビもできない年齢になりました。できたとしても吹出物が1、2つ程度でしょうか。しかし中学生の時は毎日がニキビとの戦いで、好きな男の子と顔を合わせたいけど合わせたくない・・・ニキビを隠したい・・・なんて日も多かったです。

中学生だった当時はバレーボール部で汗をかいて、前髪はおでこにはりつくし、部活の後はおなかも空くのでコンビニでスナック菓子の買い食いもしていました。これがニキビにとって良くないんだろうなぁと思いつつも、なかなか改善も辞めることもできません。しかし、友人の中でおでこを出す髪型が流行りだして変化が起きました。

中学校の規則では、眉毛を整えることは禁止だったので前髪を作っている女子がほとんどでした。前髪は眉毛もニキビも隠してくれるので貴重な存在でしたが、突然のデコ出しブームの到来です。「みんなでやれば怖くない」という集団心理によってわたしも思い切っておでこを出すことにしました。

すると、みるみるうちにおでこのニキビは消えていき、再発もしにくくなりました。おでこ以外のニキビはというと、デコ出しとはエリアが異なるので、別の方法での対処が必要です(スナック菓子を辞めるとか)が、風通し良くするということが大事なのだとデコ出しブームに学ぶこととなりました。

朝起きてとても良い天気で、すごく良い日だ!と思ったのに洗面所で鏡を見た瞬間、一気に憂鬱な気分になりました。鼻のてっぺんに赤い大きなニキビが。オオサカ堂で買ったニキビ薬を付けてみよう。

隠そうにもかなり赤く膨れているからなかなか隠れないので時間がないのに朝から大格闘したのを覚えています。時間も時間なのでその日はおでかけしたのですが1日中鼻のニキビのことが頭から離れず何事も全力で楽しむことができませんでした。

無意識に触ってしまい痛くなってしまったり、ふと鏡越しに自分の顔の真ん中にあるニキビが目に入り気分が下がることなど少しの憂鬱が無くなりませんでした。その日の夜いつもより念入りに顔を洗って、帰りに買ってきた治療薬を気持ち多めに塗ってなるべく早く寝ました。

そして次の日の朝は雨でした。起きて恐る恐る鏡を覗くと昨日よりもかなり小さくなり目立たなくなったニキビが!その瞬間雨の憂鬱なんか気にならないぐらいの嬉しさでした。ニキビがないだけでその日が全然違います。

昨日よりも人の顔をよく見て話すことができるし、ニキビを気にしてうつむかなくなりました。毎日気をつけていてもどこからかやってくるニキビとかしこく付き合っていくことが必要だと毎回実感します。

« ついつい忘れてしまっているポイントサイト | トップページ | タクシー転職と入社後のチェックやサポート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついつい忘れてしまっているポイントサイト | トップページ | タクシー転職と入社後のチェックやサポート »