« カレーが食べたい、だから私は… | トップページ | 「終活」の考え方と昨今のお墓や遺骨の事情 »

2018年10月25日 (木)

外国人が日本で働くためのビザについて

外国人が日本で働くためには、労働ビザが必要となります。正式な名称としては就労ビザですが、まず外国人が日本で90日以上滞在する場合や日本国内で働いて賃金を得る場合にビザが必要となります。

そんな、ビザの中でも働く事を目的としているのが就労ビザとなっています。就労ビザには、全部で17種類が存在しており日本国内で就労するには必ず必要となります。日本でビザを取得すると在留カードという物が配布されます。

在留カードは、外国人の方がビザを取得している事を証明するために必要な大切なカードとなります。この在留カードには、ビザの有効期限などが載せられており日本国内に滞在出来る事を証明するために携帯しておかなくてはいけません。

万が一、警察や入国監査員などに在留カードの提示を求められた場合は必ず提示をする必要があります。そのため常に在留カードを肌身離さず携帯している事が必要となります。就労ビザには、種類がありますが一つの種類のみビザを取得する事が可能となっています。

就労ビザを申請する際の内容によって日本国内にて就労出来る内容が変わってきます。

あらかじめどのような職種に就く予定であるかしっかりと決めておく必要があります。就労ビザは大まかに17種類に分けられているため就労する内容に合わせたビザの取得が必要となります。

以上が外国人の方が日本で働くために必ず必要となる就労ビザの内容となります。ビザは日本国内にて就労、滞在するためにとても重要な物になります。

« カレーが食べたい、だから私は… | トップページ | 「終活」の考え方と昨今のお墓や遺骨の事情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人が日本で働くためのビザについて:

« カレーが食べたい、だから私は… | トップページ | 「終活」の考え方と昨今のお墓や遺骨の事情 »