2020年4月26日 (日)

キャバクラで働いた体験談

私は現在40代ですが、20代の頃にキャバクラでアルバイトをしたことがありました。
アルバイトとはいっても週5日は出勤していましたので、ほぼ社員のようなものでした。

キャバクラでアルバイトを始めたきっかけは、とにかく金欠だったからです。
多くのキャバクラは高給で給料が日払いという店舗もありますので、当時金欠だった私はとにかく明日使うお金もない状態だったのでキャバクラに面接に行ったのです。

すると、自信は全くなかったのにもかかわらず面接はすぐに合格と決まり、「いつから来れますか?」と言われ本当に驚きました。
キャバクラはいかにいい女の子を在籍させるかで繁盛の仕方が違ってくると聞いたことがあったので、私のような特に取り柄のない普通の女子ではまず採用されないだろうと思っていたのです。

面接担当の方によると、「制服があるから衣装は考えなくていいし、給料も日払い」とのことでお金に困っていた私は「早速明日から出勤したいです」と答えました。
私が面接を受けに行った頃はキャバクラが多数存在していました。

都心ではなく田舎でも少しひらけた方に行くと数時間の勤務で日給1万円くらいは稼げるお店がたくさんあった気がします。
やはり、ライバル店が多いとお店側もできるだけお店の女の子を充実させたいと思ったのか、私が明日から出勤したいという欲を聞いてもらえたのかもしれません。

そして、翌日から出勤してみると思っていたよりキャバクラで働くことは厳しいということが分かりました。
慣れていないということもありますが、話したことがない男性客と話すことやスタッフの女性に対する態度など、気を使わなければいけないことだらけでした。

とりあえずその日の給料はもらって帰りましたが、翌日は出勤できそうかというとかなり悩みました。
しかし、翌日も嫌だと思いながらも生活のために出勤し、気が付いたら3年が過ぎていました。

3年の間に自分を指名してくれるお客様も増えて、キャバクラで働くには何が大事なのかなども知れたと思います。
私が行っていたキャバクラはノーピンクでしたが、中には酔った勢いで触ってくるようなお客様もいました。
嫌だとは思いましたが、キャバクラで働いている以上これは辛抱しなければいけないこととも思いました。

最近オンラインキャバクラが流行っているようですね。キャ バクラを経営するに当たって1番最初に検討すべきは立地になるでしょう。当たり前のことですが都心部の繁華街は不動産価格が非常に高く経営に占める固定費が上がってしまうので厳しい状況に至ります。

しかしながら働く女性を囲い込むためには便利な場所にある方が交通費も支払う必要がなく求人も集まりやすいと言うメリットがあるのも実態です。
家賃負担が高くなればなるほど、最もかけるべき人件費に重きを置くことができず、コンテンツである人を集めることができないといったジレンマに陥る事は当たり前です。
だからこそ本当の一等地で、場所を探すのではなく、まずは集客できるエリア、それも企業が接客や宴会で活用できるような場所を最重要視し、お店を構えることが1番のポイントになってきます。
最初に見栄を張って良い場所に構えたからといってライバルが多すぎて、良い人材も確保することができず、結果的にライバル店に潰されてしまう可能性が出てしまいます。
それよりも身の丈に合った、それも安定的に集客が図れる場所を探し、顧客に合わせたコンテンツ、女性をスカウトすることで安定的な経営を目指す方が間違いなくメリットにつながります。
では、テナントで入居する場合にどのような看板を立てどのような告知を行うかもポイントになってきます。最近では姉妹店からの紹介やインターネットのバナー広告などが有効だとされています。
一般的な商品やサービスと違い、キャバクラについては、実際に来店いただいたお客様の口コミほど再来店、拡大につながるものはありません。
だからこそ、古典的かもしれませんが近隣のサラリーマンにどのようにすれば来店を促すことができるか、最初はかなりのサービスを行い反則的な意味合いで無料サービスを行うことも重要でしょう。ここから口コミで広がることによってさらなる顧客の囲い込みが進められることになります。
優良顧客の囲い込みこそが成功の近道です。

キャ バクラを経営するに当たって1番最初に検討すべきは立地になるでしょう。当たり前のことですが都心部の繁華街は不動産価格が非常に高く経営に占める固定費が上がってしまうので厳しい状況に至ります。しかしながら働く女性を囲い込むためには便利な場所にある方が交通費も支払う必要がなく求人も集まりやすいと言うメリットがあるのも実態です。
家賃負担が高くなればなるほど、最もかけるべき人件費に重きを置くことができず、コンテンツである人を集めることができないといったジレンマに陥る事は当たり前です。
だからこそ本当の一等地で、場所を探すのではなく、まずは集客できるエリア、それも企業が接客や宴会で活用できるような場所を最重要視し、お店を構えることが1番のポイントになってきます。
最初に見栄を張って良い場所に構えたからといってライバルが多すぎて、良い人材も確保することができず、結果的にライバル店に潰されてしまう可能性が出てしまいます。
それよりも身の丈に合った、それも安定的に集客が図れる場所を探し、顧客に合わせたコンテンツ、女性をスカウトすることで安定的な経営を目指す方が間違いなくメリットにつながります。
では、テナントで入居する場合にどのような看板を立てどのような告知を行うかもポイントになってきます。最近では姉妹店からの紹介やインターネットのバナー広告などが有効だとされています。
一般的な商品やサービスと違い、キャバクラについては、実際に来店いただいたお客様の口コミほど再来店、拡大につながるものはありません。
だからこそ、古典的かもしれませんが近隣のサラリーマンにどのようにすれば来店を促すことができるか、最初はかなりのサービスを行い反則的な意味合いで無料サービスを行うことも重要でしょう。ここから口コミで広がることによってさらなる顧客の囲い込みが進められることになります。
優良顧客の囲い込みこそが成功の近道です。

«子供に持たせるおやつを工夫するだけでオシャレママになれる